2018年2月15日木曜日

再びロマンスカーを追って

今月は時間があったので、長電で、またロマンスカーを追ってみた。いや、実はロマンスカーに絞って撮ったつもりはなかったのであるが、2100系スノーモンキーは特に苦手な題材のようで、気持ちの問題なのかどうも上手くいかなく撮ったショットのほとんどが没だったり情景的に微妙だったりした結果だった。また、各駅停車列車もそこそこ撮ったのであるが、いずれそれらも集中して、お題にして撮影しようかと思いながら、今回も2000系ゆけむりのショットを中心に。

長野電鉄 市役所前-本郷
α77+NINOLTA80-200F2.8HIGHSPEED APO

前回と同じ場所のようであるが、より地下から飛び出して来る感じのあるショットを。前回撮った踏切から少々長野よりに行った所の道端から撮る。こうして見ると本家のロマンスカーから比べると、異常なデフォルメ感があって、相当に短いんだなぁと思うが、それでも、タンタン、タンタンと、連接車独特のジョイント音をしっかり響かせながら勾配を上ってきた。

長野電鉄 小布施
α77+NINOLTA80-200F2.8HIGHSPEED APO


小布施に入ってゆく2000系ゆけむり。8500系の普通列車と交換する。展望室には外国人観光客の姿が見えるが、駅ホームにも大勢の外国人観光客の姿が。湯田中着17時台と宿泊に丁度良い時間だからだろうか、小布施の街を観光してきた旅客の姿が沢山見えた。昨今の観光地に居がちな東洋系の方だけでなく、西洋系の方の姿の人の方が目立つのもこの界隈の特徴。駅の窓口氏や乗務員の対応も、ぎこち無いながらも手慣れている感じである。

「流行は5年と続かない。」という長野の観光地の格言があるが、今のこの界隈は外国人観光客で溢れている。


長野電鉄 本郷
α77+NINOLTA80-200F2.8HIGHSPEED APO

写真数が少ないようで、実はあちこち回っているうちに、今回は日が暮れてしまった。市街地まで戻ってくると、湯田中まで足を伸ばしていた特急の最終列車も長野市内へと戻って来た。一日中追っていたが、この編成も湯田中まで3往復。相棒は2100系スノーモンキーであるが、こちらも長野から湯田中まで3往復している。

長野に着いたら後は、停車駅の多い信州中野止まりのB特急として折り返して、須坂の車庫に戻る運用である。朝も須坂から出庫して、それぞれ1往復が区間運転のB特急となる。その他休日には、「ゆけむり〜のんびり号」として走る2000系(HiSE)編成がもう1本加わる。ちなみに特急車両は2000系、2100系それぞれ2本ずつ、計4本を所有している。地方私鉄としては特急しかも有料特急の運転本数は結構多い方である。

長野電鉄 小布施

α77+NINOLTA80-200F2.8HIGHSPEED APO

今回のおまけ的普通列車は8500系。東京で見慣れていたはずなのに、地下線主体で走っていた車両でも没個性的だからか、アクの強い顔をしているマッコウクジラこと3500系と比べると、何となく影が薄い。

撮影場所は、村山橋の須坂側にある鉄道公園のようになっている空き地。西側の村山橋方向を撮るのが有名な場所であるが、東側は須坂の街並みが、ググっと広がっている。村山橋を渡ってきた列車が、市街地方面へと下ってゆく。奥に見えるのは村山駅。交換列車が待っている。交換と聞いて、対向列車の位置がおかしい事に気付いた方居るだろうか。右側通行で交換している。

前の写真を見てもらうと小布施駅も逆になっている。最初は、ワンマン車の運転士側にホームが来るようにとの配慮かと思っていたのであるが、構内踏切の位置によっては発車列車が支障して時間ギリギリに乗ろうとすると列車に乗れなくなる事を防ぐための措置のようである。他には、信濃竹原、小布施と、これまで撮影した駅ばかりだったので、全線が右側通行かと勘違いしてしまった。知らないと、思わぬ方向に列車がポイントを渡ってしまうので、ドキっとしてしまうのである。

季節はまだまだ寒いながら、少しずつ景色は春へと移ろいでいる。そろそろ、早春の景色を探しに行きたいものである。



2018年2月14日水曜日

オリオン座の下で



上田電鉄 八木沢-舞田
α77+MINOLTA17-35F2.8-4D (比較明合成)

信州、とかく上田の冬は寒い。今年は寒波の勢いが強く、日本海側で豪雪の日は良く晴れて、そして良く冷える。冬晴れの高地は星が綺麗というが、市街地の至近の塩田平では街明かりに照らされてしまうが、それでも大都会で見るより多くの星が空を飾っている。オリオン座の下でじっと寒さにこらえて列車を待つ。寒いとはいえもう2月も中旬、19時という時間の割にはオリオン座はだいぶ高い位置に上っている。この場所は構図としてほぼ真南。調べてみたらオリオン座がはほぼ南中に近い位置のようである。もうすぐ見えなくなるのだろうか、やはり、冬はもう終盤、春が近づいているようである。

八木沢の踏切付近の夜は銀河鉄道のような雰囲気で好きは場所なのであるが、構図を左に振ると、塩田平や、上田市街地の夜景が丘陵地に張り付いて見える。舞田の駅ごしにまだ灯の付いている精密機器の工場だろうか、そして丸子の方へ抜ける峠というには丘陵地になっている鞍部が光って見えている。気温はマイナス10度近いのであろうか、ピリピリとした寒さの塩田平を、温泉客の送迎も通勤客の帰宅も終えた列車が静かに市街地へと戻って行った。

上田電鉄 舞田
α77+SONY24-70F2.8T*




2018年2月3日土曜日

雪を被った塩田平



昨日は上田でもまとまった雪が降った。この地方の雪は、関東で降る雪とどことなく似ていて、周囲を真っ白にして、埋めてしまうというより、少し溶けて地面が露出して、寒さで氷結するというか、独特の雰囲気である。


上田電鉄 八木沢-別所温泉
α77+SONY24-70F2.8T*

八木沢から別所温泉へ上ってくる所は、安全のため仕方ないのだろうが架線柱が真新しく太くなっているが、それでも、線路と道路の間に柵がなく、警報機のない踏切があったりして、地方私鉄の雰囲気が残る場所。雪を被った上田の市街地をバックに、別所温泉への坂道を電車が上って来た。


上田電鉄 舞田-八木沢
α77+SONY24-70F2.8T*

雪が降ったものの、気温は先週の寒波ほどでもなかった。ワンコも日が暮れる前に午後の散歩。雪に埋もれた道端の臭いを気にしながら凍った道をトコトコと歩いてゆく。犬は寒くても元気である。


上田電鉄 中塩田
α77+SONY24-70F2.8T*

中塩田は別所温泉や八木原と共に、擬洋風建築の駅舎が残る。かつては交換駅だったのか、タブレット装置が置いてあっただろう、信号扱い施設の張り出した出窓が目立つ。今は保線基地を除いて簡略化されてしまったが、うねる線路が往時を物語る。


上田電鉄 下之郷
α77+SONY24-70F2.8T*

下之郷は、車庫立地の駅であるが、信濃二宮、生島足島神社の門前町。駅から神社までは歩いてすぐである。神社そのものも、ちょっと今風に言うとアニメチックで朱塗りの派手な神社なのであるが、駅も神社に合わせて朱色を使った派手なカラーリング。この雰囲気には「さなだドリーム」が似合うだろうか。

今年も良い事がありますように。





2018年2月2日金曜日

雪中のロマンスカーを追って

渋温泉に泊まった翌日は駅から撮影できる撮影地で1000系「ゆけむり」を追う。小田急時代、HiSEと呼ばれていたロマンスカーも東京から長野へ来て、もう10年が経つようである。不幸にもハイデッキ構造が災いして先輩格のLSEより先に東京を引退してしまったが、すっかり長野の景色にとけ込んだ雰囲気を感じさせるようになった。

本家の小田急ではいよいよ、そんなLSEが引退となるようで、GSEロマンスカーのデビューに沸いているが、ロマンスカーの余生として長野電鉄は素晴らしい所である。大都市新宿から小田急で箱根へ。文句のつけようの無い世界に発信する日本の旅の一幕であるが、長野電鉄はそのミニチュアのような世界観。

近年、外国人が是非訪ねたい観光地として長野県では野猿公苑の「スノーモンキー」、そして長野市では善光寺が挙がるそうだ。車両も11両から4両へ。大都市東京から長野市へスケールダウンこそしてしまっているが、新幹線も止まる都会の長野から温泉地湯田中へ。新宿と箱根の往復ほどの華では無いが、それこそ世界に発信する観光地への輸送の一端を担っていると言っても過言では無いのが1000系「ゆけむり」なのである。

ちょっと本家小田急のロマンスカーのありがちなショットを意識しながらHiSE「ゆけむり」を狙ってみた。

長野電鉄 夜間瀬
α77+MINOLTA80-200F2.8HIGHSPEED APO

駅撮りか駅から歩いていける場所と言う制約の中、撮影地は一発の賭けであるが、順光で湯田中行始発の「ゆけむり」を捉える事ができた。本家で言えば、小田原から箱根湯本へ登坂してくるあたりであろうか。1000系も、ゆっくりとした足取りで急勾配を上ってきた。


長野電鉄 夜間瀬
α77+MINOLTA80-200F2.8HIGHSPEED APO

撮影地が選べないという制約の中、敢えて逆光で撮ってみた。本家でもビル群をバックにしたストレートを敢えて完全逆光と言うショットも見られた気がする。背景の賑やかさは無いが、力強い足取りで、雪を舞わせながらHiSEがやってきた。 



長野電鉄 善光寺下-本郷
α77+SONY24-70F2.8T*

新宿を発車したロマンスカーが地下線との合流点の大カーブを曲がってくる。あるいは代々木上原の地下鉄との合流点か。そんなシチュエーションと似ているのが本郷のポイント。

厳密なカテゴライズとは違うが、長野には地下鉄がある。地下線最後の駅の善光寺下を通過したロマンスカーは本郷の手前で地上へと出てくる。やっぱり大都市新宿の迫力とまではいかないが、都会らしい地下線区間の助走から脱して加速して行った。


長野電鉄 夜間瀬
α77+MINOLTA80-200F2.8HIGHSPEED APO

おまけで、こちらは東京から長野へやって来て25年が経つ元営団地下鉄日比谷線3000系の長野電鉄3500系。平昌で冬季オリンピックが開かれる今年は長野オリンピックから5度目の冬、20年が経つのであるが、この車両は長野オリンピックが決まり、5年後のオリンピックイヤーに向けて導入された車両である。

木島線や屋代線の廃止や東急からやって来た8500系が長野口で主流となったりで、活躍の場が少なくなったが、8500系に抑速ブレーキが付いていない関係で、信州中野から湯田中の間の勾配区間に入れる唯一の一般型車両であり続けている。



今回は渋温泉で、それこそ本当にゆったりとした時間を過ごした後に、翌日もゆっくりと駅を降りながら長野へと戻ってみた。寒波が連続してやって来て厳しい天気であったが、スローライフな休日を過ごす事ができたようである。



2018年1月23日火曜日

雪降る渋温泉でユルりとした時間を過ごす



東京で大雪が降った翌日。久しぶりに湯田中へと向かった。実は東京の大雪で仕事が押した関係で1日ズレたのであるが。疲れを癒すと言うシチュエーションとしては最適である。

今回は敢えて長野から長電に乗る。乗ってこその鉄道。乗らないと見えてこない物ってのが沢山ある。18時着で湯田中を目指す。2100系スノーモンキーに乗るが、特急は既に通勤向けに停車駅が多いB特急の時間。信州中野で3500系の各駅停車に乗り換える。観光客が向かうには少々遅い時間なのか、それとも冬の平日はこんな雰囲気なのか。雪降る夜に、電車の補機の音のみが響いていた。


α77+SONY35mmF1.8DT
長野電鉄 信州中野

実は、長野では信州らしいクラシックな宿に泊まりたいと思いながら、あれこれ探していたのであるが、今回は大当たりであった。

偽物でも、ボロでもない「レトロ」。

実はこれって非常に難しくて、作りすぎてしまうと偽物になってしまう、度が過ぎるとただのボロになってしまう。レトロの尺度ってのは人それぞれで、それこそ難しいのであるが、実は、イマイチ自分とシンクロする宿ってのに出会えていなかった。



今回泊まったのは、湯田中駅から2kmほど、渋温泉になるが、白銀屋さん。ここは、そんな自分の期待に答えてくれる一軒であった。平日は人数を入れないようであるが、他には常連と思しき方が2組。やはりツボを得たリラクゼーションと言うのは、わかる人には分かるのであろうか。

温泉としては、閑散期であるが、山の志賀高原の方は忙しく、麓の宿の方は、人手が無いようで、サービスをする人は少ないのであろうが、それが逆に気兼ねしなくて落ち着ける。



東京に大雪をもたらした低気圧は東へ去り、今度は日本海側から寒波が襲って来た。女将が言うには、中野地方では今年初めてのまとまった雪だそうだ。−10度。寒いと言うか、ピリピリと痛い夜。外湯は1軒入って、ちょっと外を歩くにはきつい。FF式のヒーターがガンガン効いた部屋で炬燵に入りながら何もせずに疲れを癒す。これぞ、豪華さは無いが最高の贅沢。

外では深々と雪が積もり出していた。

α77+SONY35mmF1.8DT 


2018年1月14日日曜日

雪晴れの長野電鉄へ

寒波に襲われた、2018年1月11日は信越本線の三条市界隈で列車の立ち往生が起こるなど、被害がニュースを賑わせたが、長野市周辺は比較的晴れ模様。中野界隈は雪が積もって、雪晴れになっているだろうと思って出かけてみたが。思ったほどの積雪ではなかった。

 長野電鉄 朝陽-附属中学前
α77+SONY24-70F2.8T*

長野市内泊から出発し、市街地から最初に開けたポイントに出る地点。山岳特有の朝。街並みは明るくなりつつあっても、太陽はようやく背後の山から顔を出したばかり。一緒になった地元の方に聞くと飯綱山が綺麗に姿を現すのは多くないとの事でラッキーであった。
まだ特急列車は須坂〜長野と朝の上り列車の送り込みをしている最中で早朝の長野出発はない。

余談:背景後ろのフェンス。そして線路傍のジープの廃車体。「如何なる場合も立ち入り禁止」の看板が問題の根の深さを感じる。あそこまで前進すると本当に迫力あるカットになるのであるが。叶わない。事情を知るよしもないが、どちらが悪い云々。背景として気になった方には一考いただきたいカットである。


長野電鉄 都住-桜沢
α77+SONY24-70F2.8T*

昨年の脱線事故が痛ましかった、桜沢のポイント。背景が飯綱山となる、ここへ来るためにわざわざ予定を調整したようなものだったが、ここは東側の山が接近していて、長野市内に比べて更に日の出が遅く、その間に飯綱山は徐々に霞んできた。田圃にカリカリに積もった霜が夜の寒冷さを物語っている。


長野電鉄 夜間瀬-上条
α77+MINOLTA 80-200F2.8HIGHSPEED APO

どうも元JR東日本の253系N'EXを使った2100系特急スノーモンキーは苦手な題材。シティ派の列車が自然と溶け込むカットというものはなかなか難しい。左の木々はりんごの木。収穫前のりんごが木に下がっている時がこの界隈の良い時かもしれないが、背景の少し雪のついた山肌を圧縮して撮ってみた。


長野電鉄 信濃竹原-夜間瀬
α77+SONY24-70F2.8T*
毎度。自分の定番の信濃竹原の鉄橋。四季折々、色々な姿を現してくれるが、今日は積雪は少ないものの雪晴れっぽい天気となってくれた。丁度お昼頃。南西の空の飯綱山は既に雪雲の中であった。
この日は検査の関係か、定期の「ゆけむり」は「スノーモンキー」が代走していたが、わざと低速で走って景色を楽しむ「ゆけむり〜のんびり号」には1000系が充当されていた。そもそも、展望付きでなければスポイルされてしまう企画であるが。特急車は、それぞれ、2編成ずつ、4編成を持っていて余裕があるので、検査時は特殊な運用になるようだ。


長野電鉄 夜間瀬-信濃竹原
α77+MINOLTA 80-200F2.8HIGHSPEED APO

雲行きも怪しくなってきたので、湯田中へ向かって行った「ゆけむり〜のんびり号」の折り返しを、信濃竹原の鉄橋で超定番カットで撮る。
やっぱり、特急としてのステイタスと存在感は、小田急時代と比べると短くなっているものの、それでも「ロマンスカー」HiSEタイプの10000系ゆけむりの方が1枚上の気がする。登場から12年経って、だいぶ長野の自然にも馴染んだ感がある。



14時前に撤収となったので、蕎麦屋に寄って帰る事になった。大抵は須坂界隈の蕎麦屋に寄るのであるが、14時閉店の店が多い中、信濃竹原で13時を回っていたので微妙。ググってみて寄ったのは中野市の「蛍 そば&dining」さん。
ランチセットは、そばと天ぷらがついて750円(税込)とは、天ぷら蕎麦となると界隈では1500円はする店が多い中、いささか安すぎて逆に不安であったが、しっかり、ちゃんと美味しい蕎麦であった。同じ値段で二八と十割が選べる。ちなみにこれは風味が生きる十割。大盛りは150円増し。若いマスターの、こだわりのお店である。



小生の方もやっと長野に慣れてきて、少しづつ休日に出歩き出したのであるが。いやぁ慣れない土地ってのは、意外と出歩きづらかった。厳しい冬が終われば、春が来る。今年は何処へ行こうか、考えるのも、冬の間の楽しみである。




2018年1月1日月曜日

新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。

長野にきて1年半、ここに来てようやく、地域の風土に慣れてきたといった感じです。クリエイティブな活動をしようにも、取り掛かり口がなかなか分からず、試行錯誤が続きましたが、ここに来てようやく、作風の糸口が見えて来ました。

メイン活動はYoutubeにだいぶシフトしていますが、写真などのクリエイティブな活動は追ってブログで紹介して行きたいと思います。合わせて、アマチュア無線もYoutubeと連動して、随時紹介したいと思います。

本年もよろしくお願いいたします。

2018年元旦
録輔


上田電鉄 舞田-八木原
α77+MINOLTA 80-200F2.8 HIGHSPEED APO